水戸黄門RTAについて語る(てかがりフラグ掲載)

TOP > 水戸黄門RTAについて語る(てかがりフラグ掲載)
ファミコン版水戸黄門RTAについてと、てがかりのフラグについて語っています。
水戸黄門をこれからプレイするかたは、ネタバレになってしまう記事となります。
これから始めるかたはネタバレがあまりないコチラの記事がオススメです。
ファミコン版水戸黄門の攻略に役立つ知識



水戸黄門のRTAをやってみての所感

ゲタを履いて移動速度を上げるのが基本ですが、移動速度があがると、自キャラの位置調整をしたい時の操作性が恐ろしく辛い。
細かい位置調整をしたい時、ゲタを履いていると操作性に難アリで、それも含めてこのゲームだと思ってプレイしないとやっていられない。

何かを飛び越える時、ジャンプ開始位置は非常に重要で、なにも考えないでジャンプすると飛び越せない時がある。
したがってジャンプ開始位置は意識する必要がある。
スーパーマリオみたいにジャンプ中に左右移動で微調整はできない。
例えば、右にジャンプしたら、そのジャンプの着地地点は確定であり十字キーで変更することはできない。
その為、着地地点に敵がいるとダメージ確定。

箱根のどんぶりを拾う道中の縦ジャンプの入力がフレーム単位の操作を要求される。

横移動中に、同じY座標で飛び道具を投げる敵が正面からきて、瞬時に飛び道具を投げられた時に反射神経を求められ、おっさんにはキツイ。

格さん、助さんで移動中は「ちから」を温存する為に、敵の攻撃はロスになると分かっていても遠回りして避ける。
ちからを温存していないと、弥七や八兵衛の召喚時間が短くなり不利になる。

上記を気をつけてRTAに望むようにしていますが、気をつけられない点もあり、そこが難点かなと個人的に思っています。



各ステージのフラグ

※ネタバレしたくないかたは、これより下を見ないことをオススメします。
※この記事の「フラグ連携」は、数字の順番にてがかりを得ないとならないという意味ではなく、矢印の左をこなさないと、矢印の右のてがかりを得ることができないという意味です。
※全キャラと書いてある場合、操作キャラは誰でも良いという意味です。




箱根

ゲタは12個買っている。11個や10個でも足りる時があるようですが保険。
ゲーム内の時間で40分に1個消費するシステムですが、そのステージのプレイ時間が41分でも無駄に1個消費するので、安全をとるなら12個が良いかなと思っています。
余ったお金でお札(箱根用)を買うか、おにぎり(水戸用)を買うかは悩みどころ。(または何も買わない)
風車、どんぶりを取得した時の乱数が大事。2個や3個だった場合リセット。
自分はやっていませんが、玉手箱を取るチャートも面白いと思います。(おにぎり、ゲタ狙い)

箱根のフラグ連携

1.緑の悪人→左上上州屋(弥七)
2.青の飛び道具悪人→南中央にある料亭(弥七)&南東にある代官所(弥七)
3.おさよさん→長屋(八兵衛)
4.ハゲ悪人(ドロップ)

※ハゲ悪人のみ単体フラグであり、他に関係しない。
※料亭と代官所は順不同でどちらが先でも良い。
※1から4のてがかりは、それぞれお互い干渉しあわない。




大阪

大阪開始の画面暗転時から下を押していると、100%の確率で必要な悪人が出てくる。
桟橋にある三味線は取らないとツライと思う。

大阪のフラグ連携

大阪のフラグ連携は実は詳しく調べていない。
ですが、一部は調べています。
1.緑の娘は単体てがかりであり、1番最後でも問題ないのを確認している。
2.太っている侍のドロップは、北のおばあちゃんの家に又平で入るとドロップするようになる。
3.南西のおばちゃんの家に又平で入ると、お銀で船の鉄砲を発見することができるようになる。




京都

京都開始の画面暗転時から上を押して進み、2つ岩を右か左に避けて上に向かうと、かなりの確率で和尚、赤の娘、緑の悪人が出てきて、一気に3つてがかりを得ることができる。(和尚の右横あたりに到達するまで走るのをやめないこと。)
まず、左から来た和尚を殴るのが良い。

どんぶりの数を吟味する

金沢、弘前にどんぶりやふんどしドロップがないので、京都西にあるどんぶりは間違いなく必須取得になる。
このどんぶり取得の時に、合計どんぶり数が6、もしくはそれ以下ならリセット。
その理由は、金沢、弘前で足りなくなる為。
7から11なら盛岡(または水戸)で、更にふんどしを回収。
あまりないことですが、どんぶりを取った後が12個以上の場合、この時点で最後まで足りる個数となる。
この時点で、「どんぶり」に関しては、「以降回収しない」か「盛岡(水戸)で回収」の2択で決定するので、これ以降プレイ中に「どんぶり足りるかな?」などと意識はしない。

京都のフラグ連携

京都のフラグ連携は実は詳しく調べていない。
ですが、一部は調べています。
1.赤の娘→北山寺(弥七)の順番でてがかりを得ると、黒の竜二がかんざしをドロップするようになる。
2.かんざしを拾わないと、南の長屋(八兵衛)でおきみちゃんからてがかりを得ることができない。
3.東の家(八兵衛)のおばあちゃんからてがかりを得ないと、緑の娘からてがかりを得ることができない。
4.和尚からてがかりを得ないと西山寺(弥七)のてがかりを得ることができない。




金沢

金沢スタート時、なにも動かずに静止していると左から必ず必要な悪人が出てくる。
さらに、その悪人が左から来ても、1秒ほど静止してから左の悪人を殴りに行くと、右から必要な緑悪人も出てくる。
運が良いと、緑の悪人からてがかりを得た後、右から白の娘も出てくる。(←確実ではない)

三味線の数を吟味する

金沢到着時点で、三味線が1か0の場合は詰む。(時間ロスして続けることはできるがRTAとしてはダメかも)
金沢の屋敷内の三味線を取った後、最低12個になっていてほしい。(できれば13個以上希望)
11以下の場合は、弘前、盛岡、水戸のどこかで更に回収しないとならない。
10、11の場合は、水戸で回収するのが良いと思う。(水戸の風車回収時間がはやい)
ちょうど9の場合は、盛岡のでき次第で、盛岡か水戸どちらで回収するか決める。
8以下の場合は、弘前、盛岡どちらかで回収必須。
5以下は弘前回収必須。
この時点で13個以上になった場合、三味線の数を気にせずにラストまでプレイできる。

金沢のフラグ連携

1.ひたいに点が2つある悪人→北の九谷屋(又平)→スタート右の天庵の家(お銀)
2.白の娘→スタートから右上に行った家(又平)→北の小松屋の蔵(お銀)
3.緑悪人→北の小松屋(お銀)
4.南のおばあちゃんの家(又平)→南西の武家屋敷(お銀)
5.北東の薬売りが住んでいる長屋(又平)→南西武家屋敷周辺で毒薬ドロップ(全キャラ)

※ひたい悪人と九谷屋は順不同でどちらが先でも良い。
※5のみ、1をこなした後に行う。
※1から4はお互い一切干渉していない。




弘前

弘前開始時点で、風車が最低12個、できれば13個以上あるなら、ミスしない限り最後まで追加で拾う必要なし。
また、西にある風車は時間がかかるので、盛岡や水戸で風車を補充するという手もある。
北西の民家に弥七で入る行動は1番最後になることが多い為、赤の娘はそれまでに話しかければ良いという気持ちで良い。
おばあちゃんの聞き込みと、木こり悪人のセットのてがかりは、極端な話1番最後でも問題ないくらい単体のフラグである。
RTAの場合、青悪人探しで時間をとられるので、早めにドロップ条件を満たしたい。
おばあちゃんに話を聞きたいのに、木こりばかり出るのはよくある。

弘前のフラグ連携

1.緑悪人→南東の家(全キャラ)→南東の家から北の家(全キャラ)→青悪人ドロップ→北東の代官所(弥七)
2.村の真ん中の家(八兵衛)→北東の庄屋(弥七)→庄屋の通常入口(全キャラ)
3.赤の娘に聞き込み
4.2と3をこなした後に→北西の一般民家(弥七)
5.おばあちゃん聞き込み→木こりの悪人




盛岡

盛岡開始時、0.5秒くらい静止してから右に向かうと、必要な町民が出てくる。
盛岡は、三味線とふんどしドロップがありますが、水戸で取るのも手。
盛岡開始時点で三味線が10以上あると、三味線ドロップを拾わなくて良い。
同心田中という名前で仕事人を思い出す人もいるだろう。

盛岡のフラグ連携

1.ふっくら町民に聞き込み→同心田中の家(全キャラ)→同心田中の家(お銀)
2.中央おばあちゃんの家(又平)→南東捨蔵の家(全キャラ)→中央の家でかおりさん救出(お銀)
3.東の白の女の家(又平)→番所(お銀)→南西ほこら(お銀)
4.黒悪人→おかっぴき→北の外れの家で田中救出(全キャラ)→白侍ドロップ→北西奉行所(お銀)

※1、2、3、4全て単独であり、それぞれお互い干渉しあわない。
例えば、1をこなしていないと2ができない等が無い。
例えば、1、2、3をまったくこなさなくても4のてがかりをコンプリートできる。




水戸

城内北西にお殿様の部屋があるが実は意味がない。
城内に店はない。城下町で購入しないとならない。
おにぎりを所持していない場合、とにかく忍者の手裏剣を避けることに最大の力をそそぐ。
ゲタが0になったらRTAとしては詰み。

水戸のフラグ連携

1.城内南の弥七の穴がある部屋(八兵衛)→城内南の弥七の穴がある部屋(弥七)
2.白の女→城内中央台所(八兵衛)
3.北西ふすま2(八兵衛/弘前代官の話)→北東赤の女がいる部屋(八兵衛)
4.緑悪人→北西ふすま1(八兵衛/武器を買う話)
5.忍者→城の右の入口から入って左上あたりにある倉(八兵衛)
6.壁に囲まれている高橋の部屋(弥七)

※1は同じ場所ですが、入る順番が逆だと不可。
※6は単体のてがかり。一切てがかりを得ず1番最初に行っても大丈夫。
※上記1から6を全てこなした後は、それ以降以下のてがかり取得は一本道であり、融通性はまったくない。

7.安藤の部屋(弥七)→筑波の局の部屋(弥七)→歩いている赤の女中さん→国千代君の部屋(弥七)→国千代君の部屋(全キャラ)





サイト内を検索

 

最新の20記事

プロフィール


高橋
ニコニコ生放送でレトロゲーム配信をしています。
【ニコニコミュニティ】「ゲームは1日1時間」は守れません

お問い合わせ